「不動産(土地購入)」の記事一覧(2 / 3ページ)

悪い不動産業者の見分け方【チェックリストつき】

宅地建物取引業に従事している会社は、 業者名簿が公開されていますから、 誰でも自由に見ることができます。 都道府県知事免許の場合は各県庁の不動産業指導係 国土交通大臣免許の場合はネット上で検索できます。 【国土交通省 | 宅地建物取引業者 検索】 他に国土交通省総合政策局不動産業課へ行けば閲覧もできます。 閲覧するのは大切ですが、何を見ればいいのかわからない場合も 多いかと思いますのでチェックした・・・

不動産屋さんの種類別概要(大手か?地元業者か?)

不動産屋と言っても多くの種類があります。そのため 土地を購入する際、どの不動産屋に相談するのか… というのは、土地選びではとても大切なことです。 相談する不動産屋として考えられるのは 1.大手で有名な不動産屋、 2.駅前にある地元の不動産屋、 3.ハウスメーカーや工務店の分譲モデル 4.ハウスメーカーなどの営業マンに教えてもらう …など、土地を取得するための手段は多くありま・・・

注文住宅では土地を探すのが先?ハウスメーカーを決めるのが先?

注文住宅で一戸建てを考えている方は、土地を探すのが先か ハウスメーカーを決めるのが先か…意外に悩まれるようです。 以前は土地探しから始める方が多かったようです。 …というのも以前は…土地がないお客さん(施主)は ハウスメーカーに嫌われるという都市伝説があったので とりあえず土地を…という方が多かったようです。 ですが、今はそんなことを言ってハウスメー・・・

不動産業者の決め手は?大手?信頼?

今回は土地についてのお話です。 ネットで不動産屋さんのウェブページ(ホームページ)を見ると「おや?」 …と、気が付くことがあります。それは同じ物件が 多数の不動産屋さんから出ていることです。 大手の不動産屋さんや地元の業者、ネット専門の不動産屋さんなど、 たくさんの不動産屋から物件が紹介されています。 ここで大切なのは、物件を決める前に不動産屋さんを2~3社に絞ることです。 絞り切るこ・・・

土地購入で大切なこと:用途地域 一覧(12種類)

土地というものは購入すれば何の規制もなく 建物を建てられるのか…というと 実はそうではありません(自分の土地であってもですよ)。 細かな条件は、土地の用途地域によって決められています。 今回はその12種類もある用途地域の紹介です。 住居系 1.第一種低層住居専用地域 2.第二種低層住居専用地域 3.第一種中高層住居専用地域 4.第二種中高層住居専用地域 5.第一種住居地域 6.第二種住居地域 7.・・・

土地の価格設定に関する裏事情と注意事項

家作りのスタートであり一番カギとなるのが土地です。 そして土地に関して一番ネックになるのは価格だともいます。 もしも気に入った土地が何倍もの競争率で引く手あまただったら …土地購入の際には、こんな不安が最後まで付きまといます。 しかし不動産屋の観点からみると、倍率の高い土地というのは 土地価格の設定が失敗した・・・ということになります。 なぜかと言うと、倍率が高いということは、価格を少しくらい高く・・・

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ