「太陽光発電(太陽電池)」の記事一覧(7 / 7ページ)

ソーラーフロンティアの太陽光:ソラシスネオ3kw 価格キャンペーン

現在人気のピークにある太陽光発電システム 初期投資額が20年前に比べて1/10になったとはいえ 検討する多くの方にとって気になるところは 本当に初期投資が回収できるのか? ・・・ということだと思います。 そのためには初期費用をできるだけ安くし 高い発電量の太陽光発電システムを選び きちんとメンテナンス・保証を行うことと シミュレーションをすることだと思います。 現在、太陽光発電の販売業者が 『ソー・・・

太陽光パネルの屋根貸しプランが期間限定で登場??

とどまることを知らない太陽光発電のブームですが、 太陽光発電の投資ができない施主向けに共同プランや 屋根を貸すプランが登場しています。 そのパイオニアとなるのが、最近バナー広告でよく見るアキュラホームで、 アキュラホームは創業35周年記念と20期連続のプラスがきっかけとなり 先月の7月から太陽を活かす家をラインナップさせました。 太陽を活かす家はアキュラホームの既存住宅である住みごこちのいい家に ・・・

太陽光発電の固定買取制度は投資の対象にもなる

太陽光発電で発電した電気を買い取る固定価格買取制度 がスタートして、2年が経過しました。 10kw以上の太陽光発電の場合20年間の 高い売電価格が保証されるため、 メーカーが次々に商品化しています。 木造住宅No1メーカーである住友林業が グリーンスマート ソーラーゼットという 商品を先月販売しました。 このような流れの中、太陽光発電住宅は予想以上の普及となっており、 調査によると2012年度の創・・・

片流れ屋根のメリットとデメリット(太陽光パネルの設置に関して・・・)

屋根形状といえば…切妻屋根、寄棟屋根が一般的でしたが 近年の太陽光発電の売電制度によるブームと共に、 片流れ屋根の住宅が続々とハウスメーカーのラインナップとして 見かけるようになりました。 片流れ屋根というのは、下の画像のように一方向のみに傾斜されている屋根です。 パナホーム:カサート エココルディス このブームの先陣を切ったのが、パナホームのカサート エココルディスで 続いて、セキスイハイム(グ・・・

太陽光発電を陸屋根にするさいのメリットとデメリット

(Panasonic のHIT太陽光パネル) 現在、太陽光発電の需要のピークに達していると思いますが、 導入を検討している方も多いと思います。中には、 屋根の形が平ら(フラット)である平屋根(陸屋根…ろくやね) の方もいると思います。 鉄筋コンクリート造や鉄骨造の屋根(主にアパート、マンション)は、 平屋根(陸屋根)になっている場合が多いです。 一般の住宅でも、費用を抑えられるキューブ型の家(ZE・・・

ソーラーフロンティアの太陽光パネルの発電量・発電効率

太陽光発電(ソーラーパネル)といえば、発電量と変換効率が 気になるポイント・重要事項になると思います。 発電量はソーラーフロンティアの薄膜系太陽電池(CIS)が一番ですが、 変換効率はヘテロ接合型太陽電池(HIT)が有名で、 売りだしているのはパナソニック(Panasonic)です。 しかし、ソーラーフロンティアの薄膜系太陽電池(CIS) がなんと世界No.1の変換効率20,9%を達成しました。 ・・・

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ