太陽光発電システムつきカーポート:ソーラーネオポート

solar23neo10a1

今週(2014年10月)住友林業がカーポートに太陽光発電を
乗せた商品を外構(エクステリア)商品としてラインナップしました。

カーポートの屋根に太陽光発電システムを導入した商品は
ソーラーカーポートもしくはソーラーネオポートとして
既に商品化してあります。ソーラーネオポートは日創プロにティ社の
商品名ですが、住宅の屋根の関係上ソーラーシステムの導入が難しい
またはシミュレーションの結果が芳しくなくなる場合や
屋根に加えて、より多くのパネルを設置することで大容量に
したい場合などは適していると思います。

ソーラーネオポートの最大出力は約2kw~5kwほどになり
2台用と3台用のラインナップがあります。
maker1023logo
上記の画像にある多くの太陽光発電メーカーに対応してあるので
住宅の屋根とセットにして選ぶことができますし、
電気自動車(日産のリーフなど)やプラグインハイブリッド車
(トヨタのプリウスPHVなど)に対応できる充電用コンセントを
設置する事もできます。

ここでソーラーネオポートの紹介のみならず
導入することによるメリットを紹介すると・・・

住宅の屋根と異なり、屋根よりも低位置に設置するため、
施工の難易度が低く安全性に優れており、設置費用を抑えられ
さらにメンテナンスが(屋根と比べて)容易だと考えらます。

先ほど書いたことと重複しますが・・・
大容量にする選択肢にもなりますし、カーポートが
フラットな分、発電効率がベストになるよう設置しやすい
・・・ということも考えらえれます。
また屋根に設置する太陽光発電は、手抜き工事による
水漏れ・・・などの問題がありますが、カーポート
の場合は大きな問題には発展しませんし、
直すことも(屋根と比べて)容易です。
カーポートが水漏れしたら、カーポートの用をなしませんが・・・。

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ