太陽光発電 ローン審査の悪徳商法にご注意を…。

akutoku929taiyo

太陽光発電システムを設置する場合、
新築の場合は住宅ローンに組込む場合が多いので
今回は除外します。今回は既存の家に太陽光発電を
取り入れる際のローンを中心としたお話です。

家が建った跡に太陽光発電を導入する場合は
一括で払えない場合は、ローンを利用すると思います。
当然ですが、太陽光発電システムを導入するための

ローンを組む際にも、審査が必要

になります。ただし、住宅ローンほど複雑ではなく審査方法
としては、車のローン程度の審査を想定すればいいと思います。
審査のためには基本的に借りる額、名前などの簡単な情報で済みます。
個人情報などのデータを持っている機関にも問い合わせが入りますので、
過去に借り入れ問題があれば審査に落ちる可能性ありえます。

この辺りは問題ないのですが。

注意すべきなのは段階的な悪徳商法

です。買うのかどうかは別として、
ローンを審査だけでも早めにしておいたらどうですか
…といった言葉でローンの審査を切り出し、
「来月からは金利が上がりますので、 今が絶好の条件です」
…などの都合がいい話を出す場合もよくあります。

金利の上昇は4月や10月などが多く、
住宅ローンの金利と同様に急に上がることはありません。

悪徳業者がローン業者とタッグ組んで仕掛ける場合もあります

そのような場合は工事の欠陥が出てきて、
メンテナンスを頼んだら倒産していた
…と言った計画倒産をする可能性もあります。

太陽光発電のローン審査や販売では、金利以外でもこのような
悪徳商法があるので常にモニターすることがを大切です。

対策法は簡単で、まずは即決しないこと!です。
十分に考えて購入に至れば変なところは
気づくはずです。他に重要なことは…

複数の業者を検討すること。

だと思います。悪党商法業者は他社と比較されたり
熟考されるとだまそうとしていることがばれるので
恐れます。逆を考えると、本当に自信のある
販売業者なら、比較されても恐れないはずです。

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ