太陽光システムの故障はパワコンが多い。保障は長くつけましょう

sharpe815pane

近年の太陽光発電の導入は目覚しいです。
エコであり初期費用が回収し易い投資として
・・・と、そのメリットは多くあります。

東日本大震災時には停電に悩まされた場合が
多かったためか災害時の停電に利用したい
…と考えている方もいるかもしれませんが、
電気というものはそのまま貯めておくことができません。
蓄電池(バッテリー)があれば、電気をためることができますが
バッテリー自体が高額なので、基本的には購入しません。

そのため、災害時の夜は太陽光発電をつけていても
発電しないので電気を利用することはできません。

そうなると多くの方は太陽光発電システムを
導入することで売電収入を得ることと日々の
電気代を節約することが目的と思います。
この中に太陽光発電の投資額を回収することも当然含まれます。

ここで大切なことは、初期投資を回収する前
10年経たずして太陽光発電システムが
故障してしまうと投資額の回収が難しくなる点です。

太陽光のパネル自体は特異事象がなければ、
半永久ですが、パワーコンディショナーは
10年~15年程度で基盤がダメになると考えられています。

パワーコンディショナーの故障は
「発電量が極端に減る」など目に見える形
で現れます。何かおかしいな?
…と思ったら販売店に必ず確認することが大切です。

パワーコンディショナーの保障期間が10年のケースが
多いので、10年目は特に注意して確認したほうがいいです。
保障期間内であれば無償でパワーコンディショナー内の基盤
を交換してもらえるはずです。

可能であれば15年保障があれば費用がかかっても
利用したほうがいいです。例えば、業界上位のシャープには
10年保障のほかにまるごと15年保証というものがあり
5kwの場合2万7千円程度かかりますが、
新築時・太陽光発電の導入時には利用したほうがいいです。

シャープの太陽光の保障

パナソニックならこちら

パナソニック保障

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ