それでもソーラーフロンティアのソラシスネオを選ぶ理由?

太陽光発電はどのメーカーにすればいいのか
大きく迷うと思います。私は基本的に

ソーラーフロンティア

を押していますが、次の比較を検討しながら
ソーラーフロンティアを押す理由を紹介していきたいと思います。

例えば、シャープ(多結晶:14kw)
ソーラーフロンティア(ソラシスネオ:11kw)
の「どちらがいいのか」悩んでいる人がいるとします。
価格はソーラーフロンティアの方が20万ほど高い
パワーコンディショナーはどちらも2台必要!です。

ソーラーフロンティアは発電量が高くて有名ですが、
さすがに3kwも違うんですから、シャープの多結晶のほうが
発電量は当然大きくなります。
現在のシャープは発電効率の高い単結晶ばかりが、
押し商品になっていますが(東芝もそうですね。)
実は多結晶ってコストパフォーマンスが一番いいんです。
だって安いんですから。単結晶は高いんです。
屋根の面積が狭いのでなければ、
多結晶のほうが実は投資を回収しやすいんです。

…で、これだけシャープの多結晶をほめておきながら
私はソーラーフロンティアを押すんです。
なぜだかわかりますか?…安くて、発電量が多いから多結晶!
確かに数字だけを見たらそれは正解です。
数字だけ見て、太陽光発電のメーカーを決める
…まるで普段非難している役人のような決め方ですが、
多くの方、多くの営業マン含めて、
こんな提案をされたり、したりしていませんか?
数字だけみて、多結晶がいいんですよ…って。

本当に大切なことを忘れていませんか?
それは何かを説明していくと、
まず太陽光発電は万能ではなく、壊れるものです。
だから、発電量も発電効率も価格も大事ですけど
壊れにくくて、保証がしっかりしているものが1番に決まっています。

壊れにくいものに関しては、誰がなんて言っても
日本製にかなうものはありません。

中国製は厳しいです。疑問に思ったら使ってみてください
インリーでもカナディアンでも…、10年後には後悔してますから….。

太陽光発電の商品ですべてが日本製のものって
実は、ソーラーフロンティア以外ないんです。
だから10年後以上を考えたら、
ソーラーフロンティア以外に選択肢はないんです。

10年後の性質(劣化度)のことなんて、
ほとんどの方は考えていないのではないでしょうか?
考えているものは保障程度だと思います。
でも太陽光発電で損得を考えるなら長いスパンで
考えなくてはいけません。初めの10年程度
ちょっと発電率が高い程度で、ちょっとコストが安い程度で
決めないでください。

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ