JA 住宅ローンの審査について利用方法とメリット(金利?)

JA2014loan828

JA(農業協同組合=農協)の住宅ローンについての紹介です。
JAの住宅ローンは、農業をしていなくても利用できます
そのためJAの住宅ローンを利用している人は意外に多いようです。
農業をしていない方は、住宅ローンを利用する方法は
出資金(10,000円~)を払い准組合員となることで
利用することが出来ます。まず、大まかな概要は

借入時年齢 20歳以上66歳未満
最終償還時年齢 80歳未満
前年度税込年収 200万円~(150万円~)
勤続年数 3年以上
融資金額 10万円~ 5000万円

ですが、上記の条件は支店により異なる場合があります。
JAの特徴は、地域によって(店頭表示)商品の種類(金利)
はもちろん審査の方法も違ってきます。
そのため利用する組合(地域)を1つ1つ細かく調べる必要があります。
次にJA住宅ローンのメリットとデメリットの紹介です。

JA住宅ローンのメリット

  1. 金利が低い場合が多い
  2. 他の金融機関と比べ審査基準が緩い場合が多い
  3. 保証人が不要である。
  4. 団体信用生命保険が付属されている。
  5. 購入金額の全額融資が可能である。

JA住宅ローンのデメリット

  1. 准組合員になる必要がある(出資金が1万円以上必要)
  2. 地域によって金利、審査基準に差がある
  3. 融資金額の上限が5000万円
  4. 審査にかかる時間が長い
  5. 保証料が高い。いくらかかるかは審査しないと分からない。
  6. 各種手数料がかかる

やはり、気になるのは金利と審査に通るかどうかだと思います。
金利はやや低い点と他の金融機関で審査に落ちても、
JAであれば利用できるいうことは利点ですね。
これは組合員(准組合員)を対象としていることが関係しているようです。
ただし、他の金融機関よりも審査に時間がかかるようなので、
複数の地域の金利や条件を調べつつ
余裕を持って申し込みをしたほうがよさそうです。

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ