団体信用生命保険(団信)の概要と費用について(1000万円のケース)

住宅ローンは低金利で、固定金利のフラット35が人気です。
ただし、フラット35は銀行の変動金利と違い
生命保険料が加味されていないというのが盲点です。
生命保険に入らずに、住宅ローンを組むことは厳しいですから、
(銀行が扱う変動金利は原則できません。)
住宅ローンのフラット35(全期間固定金利型)を利用する場合でも
団体信用生命保険(略して団信)を利用する方が大半だと思います。
(一応、団信を利用しないこともできます。)
今回はそのときに発生する費用と概要について説明します。

費用は下の通りです。
dan1000dann

団信の概要ですが…
基本的には普通の生命保険と同じような仕組みですが、少しだけ違いがあります。
違いは機構団信による債務弁済充当契約に基づいて支払うもので、
その料金はローンの残高と特約料率によって決まります
また生命保険の保険料とは違い所得からの控除がありません。
通常の保険は生命保険料控除があり、
所得から控除されて所得税が少し安くなりますが、
団信はその対象にはなりません。
解約した際の解約返戻金もありませんが、
団信は団体で加入する性質上、他の生命保険より
格安であることがほとんどです(団体割引のため)。

他の生命保険が安くなるケースもありますが
条件で限定(特に年齢)されたりすることも多いので、
必ず確認する必要がありますね。
一般の生命保険が、団体信用生命保険よりも安くなるのは
35歳までが上限…と考えたほうがいいと思います。

支払いに関しては年に1回で分割払いがありません。
1年目の分についてはローン融資を受け取る日です。

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ