不動産屋さんの種類別概要(大手か?地元業者か?)

不動産屋と言っても多くの種類があります。そのため
土地を購入する際、どの不動産屋に相談するのか…
というのは、土地選びではとても大切なことです。

相談する不動産屋として考えられるのは
1.大手で有名な不動産屋、
2.駅前にある地元の不動産屋、
3.ハウスメーカーや工務店の分譲モデル
4.ハウスメーカーなどの営業マンに教えてもらう

…など、土地を取得するための手段は多くありますが、
不動産屋の特徴を知らないと失敗してしまいます。
そこで今回は不動産屋の特徴を紹介していきます。

1.大手不動屋さん

三井不動産(リハウス)、三菱地所、住友不動産(ステップ)、東急不動産(リバブル)
…など、テレビのCMや新聞の広告などでも聞いたことがあるような大手の不動産屋さん
チェーン店・フランチャイズがこの部類に入ります。

主要な駅には大体この手の業者がありますね。大手だけに顧客を意識した入りやすい雰囲気で、
一定のマニュアルもあるようで初動の応対は丁寧です(あくまで始めは…です)。

大手(有名)不動産屋の特徴は、売り主を優先に営業する業者が多く、
施主(買い主)に対するアフターサービス(アフターフォロー)にまで
手がまわっていないのが現状です。…というより忙しすぎて、手が回らない。

不動産には不動産流通機構(レインズ)に登録している定められた形式の書類を送り
それで終了…という営業スタイルがメインで、日々の新しい情報を求めている施主(買い主)には
向きません。

2.地元の不動産業者

駅前にある、地元の不動産屋さんです。先ほど紹介した大手の不動産屋に比べると、
入りにくい(近寄りがたい…)雰囲気がありますが(笑う)、
地元で長年不動産をしている業者は、親切で施主(お客)の目線にあった
手厚い営業をしているところが多いです。

また地元特有の情報(未公開の掘り出しもの…など)も結構持っている可能性もあります。
住みたい地域が決まっている場合なら、
(住みたい地域の最寄り駅にある)地元の不動産業者を回るのもひとつの方法です。

3.ハウスメーカーや工務店の分譲モデル

建売住宅の販売をメインにしている不動産屋さんです。
建築条件付をの土地を売買をしている不動産屋さんもこちらに入ります。
利便性がよくて値段も安い…という理由で選ぶ人も多いです。
最近の建売住宅は施工もしっかりしている場合も多いですが、
(建売住宅というのは)原価をなるべく抑えて、利益を追求する場合が多いので
月日が経つと欠陥住宅などのトラブルに発展する場合もあると聞きます。
ただし、きちんとチェックできればメチャメチャお得で、
求めている土地にありつける可能性は高いです。

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ