代ゼミ20校舎を閉鎖、閉鎖後の行方は?

yozemi91yokohama

駿台予備校、河合塾と並び3大予備校と呼ばれ1つの時代を築いた
代々木ゼミナールは、現在保有する校舎27校のうち7割強に当たる
20校を閉鎖することになり先月の8月衝撃を与えました。

40代以上の幹部職員を中心とした400人以上の人員削減を含む
大リストラを前に静まり返るどころではなく忙しかったようです。
閉鎖する20校舎に対する土地活用、テナント希望
申し出の電話が殺到し、その対応に追われているようです。

特に、総合ディスカウントストアであるドン・キホーテなど
関心を寄せているようです。
代ゼミの校舎は高宮校長が地震が来ても大丈夫なように
結構ガッツリとした耐震構造になっていたはずです。
今後も残す代ゼミ・オベリスクは免震構造にしてきたと
記憶しています。

私自身も浪人時代に代々木ゼミナールに通い、
充実した環境で勉強をさせていただきました。

私が浪人生だったのは1世紀前の20世紀後半で
今のように大学全入の時代ではなかったので、
何百人も入る大教室が存在していて
前の席に座るために並んだことを覚えています。
もう過去の話になってしまうのですね。

尚、閉鎖する校舎は
仙台校(宮城県)、高崎校(群馬県)、大宮校(埼玉県)
柏校(千葉県)、津田沼校(千葉県)、
池袋校(東京都)、立川校(東京都)、町田校(東京都)、
横浜校(神奈川県)、湘南キャンパス、旧大船校(神奈川県)、
浜松校(静岡県)、京都校(京都府)、大阪校(大阪府)、
神戸校(兵庫県)、岡山校(岡山県)、広島校(広島県)、
小倉校(福岡県)、熊本校(熊本県)
横浜アトリエ

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ