家づくりの費用(本体工事費・別途工事費・諸費用)の目安ついて

家を建てるときに一番大切なことは
最終的に費用がどの程度になるのか…ですが、
家づくりは完成するまで費用が確定しないものです。
そのため、目安を知っておくことは重要だと思います。

家づくりの費用は土地取得費用建築費用の2種類で
土地取得費用は、不動産屋やハウスメーカー・工務店で紹介されている
土地の価格土地仲介手数料(目安:土地価格の3%+6万円)の2つです。
それに対して、建築費用は

  • 本体工事費
  • 別途工事費(付随工事費)
  • 諸費用

の3種類に分かれます。
多くのハウスメーカーが本体工事費のみを坪単価にしているので
建築費用は本体工事費が主と思われそうですが、
それだけでは家には住めないことになります。

1.本体工事費

家の本体のみの費用で、全体の約7割ほどです。

上棟式

2.別途工事費(付随工事費)
実際に人が住める状態にするためにかかる費用
全体の費用の15%~20%です。
費用が掛るものとしては、赤の太字で書いてあります。

  • 地盤補強工事(地盤改良工事)
  • 上下水道管の引き込み工事
  • 排水工事
  • 電気設備工事
  • ガス工事(現在は無料のケースもあります。)
  • 外構工事
  • 空気設備工事
  • カーテン工事
  • 解体工事

現在はオール電化住宅も多いせいか、ガス工事に関しては無料でしてもらえる
業者が増えたと思います。(私もガス工事は無料でした。)

3.諸費用
手続きに必要な費用、全体の10%~15%が目安

  • 建築確認申請
  • 土地の登記、建物の登記
  • 地盤調査費
  • 住宅ローン事務手数料
  • 住宅ローン保証料
  • 火災保険料
  • 祭事費(地鎮祭、上棟式)
  • 引っ越し費用
  • 印紙代
  • 仮住まい費
  • 固定資産税

logo2

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ