施主支給(せしゅしきゅう)で気になるのは割引率

5bikidazet

施主支給で住宅設備を手に入れる(支給)際に一番気になるのは
ハウスメーカーの標準仕様よりどのくらい安いか
ということ…..つまり低下に対する割引率だと思います。
当然、自分が選ぶメーカーによっても割引率が違いますし、
メーカーシリーズによっても割引率は違いので千差万別です。

しかし迷う必要は全くありません。
要は家電選ぶことと大体同じで、
性質(性能、グレード)が高いものや
最新のものは割引率が低く
最新のではない、いわゆる型落ちになれば
割引率がぐっと高くなります。つまり安くなるんですね。

そんな当ったり前のことを書いていますが、
実はこの割り引かれて、割り引かれて、
定価の半額になっているような安い製品を
ハウスメーカーにまかせっきりのほとんどの人は
わざわざ定価で買っているんですねぇ。

ハウスメーカーの標準仕様って…つくづくオソロシイと思います。
ハウスメーカーの標準仕様としてこしらえた製品が、
後で故障した時には「ハウスメーカーじゃないと直せない」と言われ、
ハウスメーカー経由で修理に出したら修理費用がべらぼうに高い
…なんて困ったオプションまで標準仕様でついてきますから…。

…話は戻して、現在は施主支給の専門業者がありますから
施主支給専門業者に割引率の高い製品(商品)を教えてもらうことも
施主支給をスムーズに行う上では1つの手です。
もちろん地道にネットで探すのも1つの手です。
ネットで探していくうちにハウスメーカーで標準仕様と呼ばれるもの
よりもグレードの高い商品をビックリするくらいの低価格で
手に入れることができますから…(目の当たりにするでしょう)。

もちろん施主支給をネットで探せば何でもかんでもいい
…というわけではありません。ネットの割引率だけで何でも決めてはいけません。
というのも施主支給は高価な住宅設備ですが
住宅設備というものは、遅かれ早かれダメになるものです。
そのときの保証体制というのも確認しなくてはいけません。

ネットというのもは煽るような過剰広告もありますから
きちんと疑問点は解消してから購入、発注してください。
その際はじめはメール電話を利用するのもいいと思います。

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ