ハウスメーカーの営業マンのキャンペーントークに施主支給で10倍返しだ!

今回は、誰が何と言おうと、ハウスメーカーでキャンペーンを使って
安く建てたい施主の方へ書きたいと思います。
ただし、安く買うことはできますが、ハウスメーカーに頼む利点である
時間短縮はできないことをご了承ください。

家はやっぱりハウスメーカーで建てたい。しかも安い価格で…。
多くの方はそう思っています。そしてネットで情報を集めます。
そこにはハウスメーカーは、CM、住宅展示場、人件費に
お金を掛けまくっているので、無駄に高い
…という事実に直面します。確かに事実です。
そして、だから地場の工務店にしましょう…という手法に流れます。
それでもハウスメーカーで建てたい…って方いるでしょう??
そんな施主のための記事にしたいと思っています。

ハウスメーカーは今日限り…という名目のキャンペーンを年がら年中やっています。
今時、そんなアナログでベタなキャンペーンなんて、手法がばれてるし、
営業マンに乗せられる人も減ってきているでしょう…と
思いたいところなんですが、残念ながら
この昭和のバブルまっしぐらの手法がまだ通用しているようです。
私が知る限り、住宅と結婚式はこのアナログ手法が現役バリバリです。

でもそんな、手法がまかりとって通じると勘違いしている
ハウスメーカーの営業マンに10倍返しするのが今回のテーマです。
baigaeshi1512hanz
もちろん相見積もりなどの古典的な手法は当然用います
ハウスメーカーの住宅は異常な価格の引き上げがデフォルトなんで
それをありえない割引にすることで、とりあえず標準価格(適正価格)
に戻すのです。そのため相見積もりは面倒でも必要です。
どこにすればよいのか分からない場合は、とりえ合えず
積水ハウスは回っておきましょう。住宅業界で売り上げ1位ですから。
積水ハウスで建てたい方は、旭化成のへーベルハウスを回りましょう

ここからがスタート地点です。
セキスイハイムやパナホームが良くやっている
限定**棟キャンペーン、新春特別1000万円キャンペーンなどの
キャンペーンにとりあえず乗っておいて、素人っぽさをかもし出します。

そして、契約金(100万)を支払う前、契約(契約書に印鑑)する前に
施主のあなたがすることがあります。それは何かというと

施主支給(せしゅしきゅう)します宣言

です。「施主支給ができないのなら貴社とは契約しません」
ときっぱり言うことも付け加えます。
…というのも、このようなキャンペーンで失敗する人の多くが
はじめに安くすることに躍起(やっき)で、
後で高くなることを考えていません。
そのため後の打ち合わせでは、
見積もりに入っていなかった費用やオプションが追加されて
見る見るうちに値段が上がっていきます。もちろんこれは
契約書の内容(約款)を熟読しないときによく起こる現象です。
まぁ~営業マンが熟読させないようにするケースもよくあります。
見積もりの中に、付随工事費や諸経費が入っていなかった…という
例も少なくありませんので、必ず細かく時間をかけて確認することが重要です。

で、その高くなる追加オプションなどをあらかじめ施主自身が
外部の安くて質の高い選びますよ…とすることで、
キャンペーン後の打ち合わせで高くなる要素をつぶすのです。
家の箱だけ作ってくれ!後は施主が何とかするから
不当にオプションを付けにくるな!…とやるのです。

tukuebanban1512

ハウスメーカーの営業マンがグジュグジュ言ってきたら
再度、施主支給の机バンバンで反撃だ!

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ