そもそも施主支給(せしゅしゅきゅう)って何のことですか?

arauno
コストや便利さ重視のトイレならTOTOよりも、パナソニックのアラウーノ??

近年、ちょくちょく耳にするようになったのが施主支給 ( せしゅしきゅう) です。
施主支給 ( せしゅしきゅう) とは、システムバス(ユニットバス)や
システムキッチン等の住宅設備を、施主(せしゅ=建築主)自身が購入して、
工務店、住宅メーカーなどの建築会社に支給(調達)する方法です。
 
日本では、施主支給という言葉自体、まだまだ聞きなれないかもしれませんが、
この手の方法は昔からあったんです。
例えば、家を建てる際にハウスメーカーのインテリアデザイナーが提案した
照明器具のデザインが気に入らなかったり、価格が高くて嫌な場合に、
代わりの照明器具をホームセンターなどで調達して、ハウスメーカーに
この照明器具を付けて下さい…とお願いすることなども、施主支給に当たります。

照明器具等も随分なコストカットになりますが、これをシステムキッチンや
システムバスでやることで、自分の好みの住宅設備をリーズナブルな価格でやってしまおう
…というのが、施主支給の目指すところです。

照明器具も施主支給(自分で調達)すれば、大体半分くらいにコストカットできます。
(これは、私の経験則で言ってますが…。私は同じスペックでコストが半分でした)

 この施主支給は近年の言葉で、古くは材工分離発注と呼ばれていました。
実はこの施主支給はアメリカやヨーロッパなどの海外では一般的な方法なんです。
そんな施主支給について、このブログではちょくちょく攻略法を伝えていきます。
関連ページもぜひご覧になってください。

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ