建売住宅の購入の流れとチェックポイント

積水ハウスの分譲住宅

分譲地と物件を見学する
↓ 1つに限定せず、複数物件の見学検討をする。
↓ (複数の物件を見ることで、割引を引き出すことも・・・)


仮契約をする(申込金を支払う)
↓ 実印、印鑑証明書、住民票などが複数枚必要になる。


住宅ローン仮審査に申し込む
↓ 金融機関、ノンバンク、JAなどで仮審査の期間が結構違う。
↓ 複数の金融機関で仮審査をする(相見積もり)。


売買契約をする
↓ 契約書に印鑑を押す前に重要事項説明をじっくり読み
↓ 1つ1つ確認する(印鑑を押した後は後戻りできない)。
↓ 契約金を支払う(売買価格10%や100万円が多い)
↓ (契約金を支払った後にキャンセルすると契約金の返還はされない)
↓ この時点で引越し業者の相見積もりは行うといいです。


住宅ローンの本申し込みをする
↓ 金融機関、ノンバンクによって、初期手数料や支払い総額が大きく違う。
↓ (初期手数料が安い ⇒ 支払い総額が高い)
↓ (初期手数料が高い ⇒ 支払い総額が安い)


住宅ローンの承認
↓ 何度も何度も印鑑を押すことになるが、1つ1つ確認する。


物件の再確認(施主による検査)
↓ 実際に引越す前におかしな部分はすべてここで確認
↓ (複数の業者を見ることで割引を引き出すことも・・・)


代金の支払いと引渡し
↓ 住宅ローンで借り入れした資金を売主に支払う。
↓ (金融機関の個室で手続きを行うことが多い)
↓ 司法書士さんに不動産登記(土地、建物)をお願いする。
↓ (結構な金額がかかります)


引越し
↓ 相見積もりを事前にしておくことで3万円前後安くできる。



入 居

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ