太陽光発電を陸屋根にするさいのメリットとデメリット

Panasonic の HIT
Panasonic のHIT太陽光パネル)

現在、太陽光発電の需要のピークに達していると思いますが、
導入を検討している方も多いと思います。中には、
屋根の形が平ら(フラット)である平屋根(陸屋根…ろくやね)
の方もいると思います。

太陽光発電

鉄筋コンクリート造や鉄骨造の屋根(主にアパート、マンション)は、
平屋根(陸屋根)になっている場合が多いです。
一般の住宅でも、費用を抑えられるキューブ型の家(ZERO-CUBE…など)
は平屋根(陸屋根)になります。

太陽光発電は平屋根(陸屋根・フラット屋根)でも設置ができますが、
傾斜がある通常の屋根とは違ったメリットやデメリットがあるので
押さえておく必要がありますね。

まずはメリットです。最大のメリットと言えば・・・
パネルの角度を自由に調整することができる
(一番発電量の良い角度で設置することができる)
ことです。

デメリットは
傾斜がある屋根に比べコストが高くなることです。
その理由は、角度を調節するための荷台が必要となることと、
荷台を屋根に固定し、防水工事をする必要があります。
・・・というのも、荷台を固定する際に利用するボルトは
防水という重要な役目を担う屋根材を貫通させて取り付ける
ことが多いのが現状だからです。
これが後になると、穴周辺から漏水に発展していくのです。

このあたりを解消している
屋根に一切加工せず、着磁補強板を屋根に接着し、マグネットを取り付けた
ソーラーパネルを置くマグソーラーシステムや
アンカー固定が不要なフォービスソーラーベースなどもありますので
いろいろと検討することも大切ですね。

いろいろ検討するのが難しい方は、シェアで多いところを見るのも手です。
大手ハウスメーカーではセキスイハイムが陸屋根が多いですが
セキスイハイムのほとんどがシャープの太陽光発電(多結晶シリコン)です。
(シャープ以外は京セラの多結晶シリコンが占めます。)
・・・ということは必然的に・・・シャープは陸屋根に対する
太陽光パネルの実績が多いことになります。
シャープはセキスイハイムのみならず積水ハウスの
お得意様でもあり、日本の太陽光業界では売上1位で
色々と実績がありますから迷ったときはシャープ
・・・というのも悪くはないと思います。
尚、セキスイハイムで10kw以上の太陽光発電住宅を想定としている
スマートパワーステーションの鉄骨系(画像下)だけは、
ソーラーフロンティアの化合物太陽電池(CIS)を用いています。

セキスイハイム×ソーラーフロンティア
スマートパワーステーション(鉄骨)

陸屋根⇒(水を通さない)⇒雨を防ぐ!
傾斜屋根⇒(屋根材)+(屋根材の傾斜)⇒雨を防ぐ!

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ