住宅ローンの借入可能額は?年収の7倍??

SBI フラット

住宅ローンで一番気になるのは
銀行がいくらお金を貸してくれるのか?
・・・だと思います。銀行やノンバンク、ハウスメーカーの営業マンにも
中々聞きづらいけど、聞かないと住宅づくりが始まらない
・・・そんな一番重要な情報だと思います。
現在はシミュレーションもできるので細かい金額まで分かりますが
目安は、銀行は7倍、ノンバンクは8倍が借入限度額です

なお、これはあくまで限度額で適応されるのが、公務員や大手企業
…と思ったほうがよく、一般的な企業のサラリーマンであれば
銀行は6倍、ノンバンクは7倍程度<
…と考えた方がいいと思います。ただし

  • 重い病気を持っている方
  • 転職されて間もない方
  • 現在借入額がある方(借金をしている方)

はこれより基準が厳しくなる傾向にあるようです。
目安は下の表です。

 年 収   借入限度額 
 300万円   2000万円 
 400万円  2800万円
 500万円  3700万円

次に自己資金はいくらあればいいのか?
…ですが、一般的に購入価格の25%以上あったほうが良いとされています。
というのは、

  • 土地の手付金
  • 建物(ハウスメーカー)の手付金
  • 外構費
  • 地盤改良費
  • 火災保険金

などは、住宅ローンではなく、手持ち金で支払ったほうが
後に融通がきくからです。
もちろん自己資金が無くても家を建てられる方はいます。
その際、外構は外部で依頼が難しい・・・など、制限が出てきますので
綿密な計画は必要になります。

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ