土地の価格設定に関する裏事情と注意事項

土地と価格
家作りのスタートであり一番カギとなるのが土地です。
そして土地に関して一番ネックになるのは価格だともいます。
もしも気に入った土地が何倍もの競争率で引く手あまただったら
…土地購入の際には、こんな不安が最後まで付きまといます。

しかし不動産屋の観点からみると、倍率の高い土地というのは
土地価格の設定が失敗した・・・ということになります。
なぜかと言うと、倍率が高いということは、価格を少しくらい高くしても
(100万円単位で高くても)売れているはずなんです。

土地の価格は不動産屋が土地の売主から購入するときにかかった
費用のほかに造成地費用、管理費用、諸費用(税金等)や広告費
と利益を考慮したうえで、周辺の状況を考慮して
「この価格なら売れるだろう」という
営業マンのセンスによって設定されます。

みなさんびっくりされるかもしれませんが、
土地の価格設定は勘で決められているんです。
もともと土地の定価などというものが存在しませんし、
いまだにどんぶり勘定が主流の住宅業界では、
こんなあやふやな決め方がスタンダードなんです。

つまり、値段の根拠なんて一つもありません
そう考えると、不動産屋の利益が最大限に出て
欲しい人が1人だけで短期間に売れる価格設定が
不動産屋にとっていいはずですから、販売する土地に
ダメなところがあったとしても買主に気づかれない限り
教えてくれませんし、対処もしてくれません。
言うなれば、売ったもん勝ちです。
そのため「倍率が高い土地ですが、少し費用を見るだけで
手に入る土地を紹介します」
なんて言葉が来たら注意です。架空の高倍率が計上された
割高な土地を紹介されてしまうかもしれません。

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ