天窓のデメリットを知ろう!(雨漏り、暑さ対策)

トップライト
天窓(トップライト)LIXIL(旧:TOSTEM)
スカイシアター チルト開閉電動タイプ
メーカー希望小売価格:207,360円(税込)

家を建てる際には開放的、明るい、ということで
天窓(トップライト)を検討している方もいると思います。

家作りはメリットが先行してデメリットを見落とす場合も
多いので注意することなどを紹介していきます。
・・・というのもこの天窓、つけなければ良かった
と呼ばれる3大不要設備のひとつだったりします。

つけなければ良かった3大設備
天窓雨戸(結局使わない)、屋根裏収納

また天窓は設計上どうしても雨漏れの問題があり
断熱性の窓でなければ結露の心配もあります。
天窓の設置・設計に実績のある業者で無いかぎりは、
既製品をメーカー指定の工法で施工したほうがいいです。
後々、問題が浮上してきます。

また天窓は掃除が難しい場所に設置されるため、
汚れにくい窓を選ぶことも重要です。
近年では汚れの対策されてきていてで
汚れのつきにくい商品も出てきています。

天窓は日の採光が目的ですが、
太陽の熱まで家に取り込んでしまいます。
これが夏になると結構大変で暑さに困ることも多くなります。

そのためには窓に断熱・遮熱性能の良い窓を選ぶことも大切ですし
ロールスクリーンをつけることも考えなくてはなりません。
電動ロールスクリーンはとても便利ですが、
故障したときに(部品が既に無くなってて)直せなかったり
高額になったりするデメリットもあります。
なお、断熱や遮熱、紫外線カットする天窓のガラスは
性能だけで選ぶのではなく必ず目で見て確かめてください。
こういう問題点は天窓をつける段階では
なかなか気づきにくいですが、必ず確認しましょう。

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ