住宅(一戸建て)を購入する場合はどれがいい?

kosupanara1jyo
(コスパならハウスメーカーは一条工務店??)

今回は一戸建ての住宅を購入したいと考えている方に、
種類と特徴を紹介していきたいと思います。

1.土地を購入しての注文住宅
2.建築条件付土地を購入
3.建売住宅を購入
4.築浅物件の購入(築年数の浅い中古住宅+土地)
5.中古住宅を購入してリフォーム(リノベーション)をする。

今回は1~3の概略を紹介していきます。

やはり1の自分で住みたい土地を購入し、住みたい家をオーダーメイドする
注文住宅こそが家づくりでしょう…と私は思っています。
基本的には時間が目いっぱいかかりますし(1年くらいはかけましょう。)
ハウスメーカーに言われるがままだとコストもかかりますが。
工夫次第(←施主支給など)でコストの面は解消できる場合もあります。

2の建築条件付土地というのは建築業者(ハウスメーカーや工務店)
があらかじめ決まっている土地を購入することです。
もちろんハウスメーカーが気に入らなくても変えることができません。

土地の費用が若干割安に設定されていることが多いのがメリットですが
注文住宅と同じように建てられる…というのはほぼ建前で
本音は住宅のプランがほとんど決まっていて変更がききづらいです。
(変更をかけるとコストの大幅な増加につながるパターンが多い)
そのため、自由度がちょっとだけある建売住宅…に近いです。
裏を返せば…家づくりにこだわりがない人なら
短期間でホイホイと家を建てることができます。

3の建売住宅の購入ですが…これも近年では多くなりました。
完成された住宅を購入するのですから、家づくりの手間が一切ありませんから
忙しい現代人にはピッタリかもしれません。また、
完成した住宅を見て、手で触って決めることができるので
住んだ時のイメージがしやすいです。
住宅ローンの金利のタイミング?上棟式?着工式?
などの住宅イベントなどを悩む必要がなくなります。

ハウスメーカーの建売住宅はオープンハウス
(完成見学物件)を兼ねるため、ハイスペックなものも多いです。
私がハウスメーカーの営業マン(積水ハウス、セキスイハイム、パナホーム)に
聞いた限りでは、コストパフォーマンスが一番すぐれているのは建売住宅なんだそうです。
何でもパナホームでは、建売住宅と同じスペックのものを注文住宅で買おうと思ったら
600万~1000万程度の上乗せは必要になるのだとか。
(個人的にはホンマかいなぁ~…という感じですが、支店次長はそういってましたよ。)

地元のビルダーが建てる(タマホームもビックリな)超格安の建売住宅
の場合は、家を建てる工程で手を抜くなどの低モラルな場合もありますので
購入の際にはサーモカメラは必須です。

コスパ(コストパフォーマンス)で選びたいなら建売住宅、
住む場所も住む家もじっくりと選んで決めたいなら注文住宅
建売は嫌だけど、あれもこれも決められない、という中途半端な感じなら
建築条件付土地の購入…もありかと。個人的には建築条件付土地の購入は
トラブルも多いのでおススメしませんけど…。

家づくりで関連する記事

サブコンテンツ
当ブログに関する連絡は、9704 (@の前は”エル”です。)にお願いします。

最近の投稿

このページの先頭へ